色白の人におすすめのカラー

強い印象の色よりも淡いフレームカラーが似合う

メガネ選びはデザインもさることながら、色によって印象がかなり違ってくることもあります。また、自分の肌色に合った色、その逆に、あまり似合わない色というのもあります。ここでは色白さんを取り上げて、どんなフレームカラーがおすすめかを見ていきましょう。 色白の人というのは、フレームがあまり主張しないもののほうが向いていると言われていて、ヴィヴィットなものよりは、淡いピンク色やシルバー、ペールブルーなどが似合うようです。黒ぶちや濃い茶色なども、どちらかと言えば避けたほうが良いでしょう。一見、白い肌とのメリハリが効きそうですが、メガネだけが浮いた印象になる場合もあります。特にフレームの太いダークカラーのものは、色白の人には似合いにくいとも言われています。

同じ色白でもベースカラーによる違いがある

ひとくちに色白といっても、肌の色にはパーソナルカラーと言われるものがあります。大別すると2種類に分かれ、ひとつが黄みがかった肌であるイエローベース、もう一方が青みのかかったブルーベースと言われるものです。自分の肌がどちらのタイプになるかを見分けるには、爪や頬の血色がオレンジ色に近いならイエローベース、ピンク色に近い場合はブルーベースということになります。

そのパーソナルカラーを生かしたフレーム選びなら、イエローベースは暖色系のフレームで、ブルーベースの人は寒色系といった選び方が出来るでしょう。一般的に色白の人は淡い色が似合うと言われていますので、ここでも、ダークカラーよりは柔らかい印象のカラーを選ぶことが基本となります。