ベースタイプの人が似合うフレーム

優しい印象を与えるボストンタイプ

ベースタイプの顔の人がフレームを選ぶときに気をつけるポイントは、できるだけ丸みのあるフレームを選ぶことです。フェイスラインがしっかりしているため、角のあるフレームではよりフェイスラインを強調してしまいます。角ばったフェイスラインとは逆の、丸みのあるデザインのものが良いでしょう。その中でもメガネフレームの定番でもある、ボストンタイプがよく似合います。丸い逆三角形のフレームで縦幅が深く丸みがあり、やや大きめのものを選ぶとさらに優しい印象を与えます。また同じく縦幅が深く楕円形で角の無いオーバルフレームは、引き締まった印象を与えつつ柔らかな印象も与えてくれます。ベースタイプのメガネ選びの基本は、フレームが太くフチは丸みのあるものが良いでしょう。

小顔に見えるプラスチックフレーム

ベースタイプは顔の人は色んなタイプの顔がある中で、一番色んなタイプのフレームが似合う顔です。フェイスラインを強調させてしまう、縦幅の狭い角ばったスクエア型やウェリントン型などのフレーム意外であれば、どのタイプも似合います。またメガネは素材によっても与える印象が変わります。フレームに使用している素材は大きく分けて、セルフレームと呼ばれていたプラスチックフレームとメタルフレームがあります。プラスチックフレームはデザインも豊富で、メタルフレームと違い金属を使用していないので優しい印象のものが多く、フェイスラインや顔の面積を消してくれるので小顔効果もあります。プラスチックフレームは比較的安価なので、色んなタイプのメガネを手に入れて楽しむのも良いかもしれません。