丸顔タイプの人が似合うフレーム

スクエアな形のメガネ

メガネのフレームには様々な形のものがありますが、特に丸顔の人におすすめできる形状の1つがスクエアタイプと呼ばれるものです。このタイプのメガネフレームは、レンズ部分が横に長く四角い形となっているのが特徴です。一般的にメガネを選ぶときには、もともとの顔の形と異なった形状のレンズを選ぶと似合いやすいと言われています。そのためあまり縦に長くなく、丸みのあるフェイスラインの丸顔タイプの方は、四角いスクエア型のメガネを選ぶとバランスが良く見えることが多いです。スクエアタイプは固い印象のフレームですが、丸顔の方ならシャープさが活かされます。特に上下の幅があまり広くないものを選ぶと、すっきりした印象になるでしょう。

ハーフリムタイプのメガネ

丸顔タイプの人に似合うことの多いメガネフレームには、ハーフリムタイプのものも挙げられます。ハーフリムとは、レンズの上半分や下半分のみにフレームがあるメガネです。フレームがない部分には目立たないようなナイロン糸があり、レンズが落ちてしまうということはありません。このレンズの上下どちらかにフレームがないハーフリムのメガネは、顔を縦に長く見せる効果があります。そのためもともと顔が長い面長の人がかけると、より縦の長さが強調されてしまうのが難点です。しかし横の幅の比率が高い丸顔タイプの方がハーフリムのメガネをかけると、ちょうど良いバランスに見せることができます。すっきりとした印象にもなるので丸顔の方におすすめです。